CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 「双子」のブラックホールか=銀河の合体で誕生−米天文台 | main | ブサカワイイ「わさお」に新居プレゼント、誘客に貢献と >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
えっロケットの一部… 竹富町小浜島に漂着
2009年3月18日 琉球新報

小浜島に打ち上げられたロケットの一部分を見学する小浜小中学校の児童・生徒たち=17日、小浜島の北海岸 【小浜島=竹富】竹富町小浜島の北海岸に巨大な漂着物があるのを今月2日、島に住む住民が発見した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)へ照会したところ、今年1月に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられたH2Aロケットの部品と判明し、17日、ロケットの技術部分を担う三菱重工の担当者らが来島して部品を回収した。一部分は小浜小中学校に贈呈される。
 漂着物は長さ約7メートル、幅4メートルの曲面の板状で断面はもぎ取られたようになっている。三菱重工によると、衛星を保護していた円錐(えんすい)形のカバーの一部で、ロケット発射後に切り離された。アルミ合金で危険性はない。
 発見した「マリンガイド花サンゴ」の長濱浩代表(44)はロケットの部品だと分かり「漂着ごみが多いけど、宇宙のごみまで来るなんて」と驚いた様子。八重山諸島の離島航路の船長は「こんな大きな破片が船にぶつかったら怖い」と話していた。全校児童生徒で見学に来た小浜小中学校の生徒らは素材の軽さに不思議そうな表情だった。

※注:長濱浩代表の「濱」は、右側がウカンムリに「眉」の目が「貝」
| サイエンス | 13:07 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:07 | - | - | pookmark |