CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< コスト削減の動き、WRC界にも広がる | main | HY、わずか1日でマイミク数122921人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
手綱握りしめさっそう、乗馬サル6年ぶり復活 三重
2008年12月17日朝日新聞

さっそうとクレオ号を乗りこなすニホンザルのキューピー。手綱さばきも慣れたものだ=三重県伊勢市有滝町の伊勢乗馬センター 私はサルのキューピー。三重県伊勢市有滝町にある「伊勢乗馬センター」のナンバーワン騎手を目指しています。仲間のサリー、ハッピーより手綱さばきはうまいと言われたいな。仕事の都合で6年ぶりに乗馬センターの営業が再開されて、久しぶりに馬に乗る練習を再開しました。

 この乗馬センターは、橋爪軍児さん(65)が「乗馬の楽しさを知ってもらおう」と72年に営業を開始。15年ほど前、お客さんの紹介で動物園からニホンザルのサリー(メス、18歳)がやってきた。それから2年間にキューピー(メス、16歳)、ハッピー(メス、14歳)も相次いで仲間入りし、乗馬センターで飼い始めた。

 ちょうどそのころ、テレビなどでサル回しの「日光猿軍団」が人気を集めていた。橋爪さんは「ひょっとしてサルも馬に乗れるかも」とおもしろ半分で乗馬に挑戦させた。

 最初は、馬もサルも互いに警戒していたが、橋爪さんがサリーを抱いて馬に乗ったり、うまやの近くでサルたちを生活させたりして、少しずつ慣れさせると、半年後には、サリーが一匹で馬に乗れるようになった。

 「最初は怖がっていて、何度も馬から振り落とされていた」と橋爪さん。

 キューピーとハッピーも同じように特訓。競馬で騎手が着る「勝負服」も手作りし、「女性ジョッキー」を演出した。
 6年前、同市二見町の時代劇テーマパーク「伊勢・安土桃山文化村」から、馬への出演依頼があり、乗馬センターは一時休止となった。サリーは、文化村で「秀吉役」として出演し、馬にまたがって大名行列などに出演したこともある。

 今年8月、文化村での仕事が終わり、再び乗馬センターに戻り、今月から乗馬の訓練を再開した。

 3匹ともすぐに勘を取り戻し、橋爪さんはスタートとストップの合図を出すだけ。馬が動き出すと手綱をしっかりと握りしめ、1周160メートルの馬場を気持ち良さそうに駆けている。

 17日からの毎週水曜日午後1時から約1時間、サルの乗馬の様子を無料で公開する。橋爪さんは「本物の競馬場で前座でもいいから3匹が騎乗する姿を見てみたい」と夢を膨らませる。

 問い合わせは、同乗馬センター(0596・37・3574)か、橋爪さん(090・4198・3877)へ。(松永佳伸)
| 文化 | 13:45 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:45 | - | - | pookmark |