CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
18年ぶりの大雪でロンドン混乱、一部空港は封鎖
2009年2月3日 日本経済新聞

大雪に見舞われたロンドン中心部を歩く人=2日〔ロイター〕 【ロンドン=清水泰雅】ロンドンは2日、18年ぶりの大雪に見舞われ、朝から交通機関の運休が相次ぎ大混乱となった。一部の空港が閉鎖されたほか、市内のバスはすべて運休。地下鉄なども運休が相次いだ。市内の学校は多くが臨時休校となった。路面の凍結により車の衝突事故も多発している。雪は2日夜にかけて降り続く見込みで影響拡大が懸念されている。

 ロンドン市内では朝までに10センチ以上の雪が積もり、さらに15センチ程度の積雪が予想されている。ロンドン・シティー空港とルートン空港は閉鎖。ヒースロー空港も滑走路が一部閉鎖され、600便以上が運休に追い込まれた。(00:19)
| 国際 | 12:20 | - | - | pookmark |
仏ナントでモーツァルトの未発表曲を初披露
2009年1月23日 ロイター

1月22日、仏ナントでモーツァルトの未発表曲を初披露。写真は披露された未発表曲の楽譜(2009年 ロイター/Stephane Mahe) [パリ 22日 ロイター] オーストリアの作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの未発表だった楽曲の一部が22日、仏西部のナント市で演奏された。同曲の楽譜は数年間にわたり同市立図書館に保管されていた。
 2分未満の曲を2つ組み合わせた曲は、バロック合奏団「ストラディバリア」の音楽監督であるダニエル・キュイエ氏が、バイオリンによる演奏で報道陣や友人に披露した。
 1ページだけの楽譜は、19世紀末に個人収集家によって同市立図書館に寄贈されたが、複写されたものだとみられていた。しかし、2007年にザルツブルクにあるモーツァルテウム音楽大学のウルリヒ・ライジンガー氏によって直筆のオリジナルであることが判明。同氏は、楽譜が競売にかけられた場合、20万ユーロ(約2310万円)の値が付く可能性があるとしていた。
| 国際 | 16:12 | - | - | pookmark |
地中海岸でも積雪=欧州厳冬、凍死8人
2009年1月8日 時事通信

20090108 【パリ7日時事】欧州各地が厳冬に見舞われる中、温暖な地中海岸のフランス南部マルセイユでも7日、所によって20〜30センチの積雪を記録した。マルセイユ市内に雪が積もったのは1987年以来だという。
 同市周辺の高速道路では吹雪で一時、車数百台が立ち往生。空港も一時閉鎖された。南仏からイタリアにかけて広範囲で積雪が観測された。
 パリでは5日から6日午前まで異例の大雪でエッフェル塔が閉鎖され、6日夜の気温は氷点下9度と、10年ぶりの寒さになった。
 ドイツ東部ザクセン州では同日夜、氷点下27.7度まで気温が低下。AFP通信によれば、この寒さのため欧州全体で計8人が凍死した。
| 国際 | 12:32 | - | - | pookmark |
カザフの銀行がダイヤ入りクレジットカード発行
2008年12月22日 ロイター

20081224 [アルマトイ 23日 ロイター] 石油資源が豊富なカザフスタンの銀行がダイヤモンドを埋め込んだクレジットカードを発行した。発行元の同国の中堅銀行、ユーラシアン・バンクが23日発表した。

 同カードは、0.02カラットのダイヤモンドが埋め込まれたビザのクレジットカード。

 同行によると、カードは重要顧客で組織するプライベート・クラブ向けで、年収30万ドル(約2700万円)以上の顧客に発行する予定。こうしたビザカードの発行は世界で初めてで、カザフスタン国外の顧客にも発行するという。
| 国際 | 13:54 | - | - | pookmark |
1リットル52円台=3年8カ月ぶり低水準−米ガソリン価格

2008年11月18日 時事通信

 【ワシントン17日時事】米エネルギー情報局(EIA)が17日発表したレギュラーガソリンの全米平均小売価格は前週比0.152ドル安の1ガロン=2.072ドル(1リットル当たり約52円70銭)となり、2005年3月14日以来、約3年8カ月ぶりの安値を記録した。9週連続の下落。
| 国際 | 15:08 | - | - | pookmark |
英国人でも歌詞聞き違え=トップ10にビートルズ2曲
2008年8月22日 時事通信

 【ロンドン21日時事】英国人でも英語の歌詞を聞き違えるのは日常茶飯事−。伊アンプリフォン社の英法人は21日までに、2000人を対象にした調査結果を基に、歌詞を聞き違える曲の「トップ10」を発表し、ビートルズの名曲もランク入りした。
 それによると、3位に入ったビートルズの「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」では、「万華鏡の瞳をした少女(ガール・ウィズ・カレイドスコープ・アイズ)」との歌詞を「結腸炎の少女が通り過ぎる(ガール・ウィズ・カレイティス・ゴーズ・バイ)」と誤解する人が続出。
 また7位のロックバンド、ポリスの「メッセージ・イン・ア・ボトル」では、「手紙を書いてから(シンス・アイ・ウロート・マイ・ノート)」を「鼻が折れてから(シンス・アイ・ブローク・マイ・ノーズ)」と聞き違いされていた。
 このほかにも、ビートルズの「ミッシェル」、ロックバンド、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」などおなじみの名曲が上位に顔を出した。
| 国際 | 12:15 | - | - | pookmark |
| 1/1PAGES |