CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
手綱握りしめさっそう、乗馬サル6年ぶり復活 三重
2008年12月17日朝日新聞

さっそうとクレオ号を乗りこなすニホンザルのキューピー。手綱さばきも慣れたものだ=三重県伊勢市有滝町の伊勢乗馬センター 私はサルのキューピー。三重県伊勢市有滝町にある「伊勢乗馬センター」のナンバーワン騎手を目指しています。仲間のサリー、ハッピーより手綱さばきはうまいと言われたいな。仕事の都合で6年ぶりに乗馬センターの営業が再開されて、久しぶりに馬に乗る練習を再開しました。

 この乗馬センターは、橋爪軍児さん(65)が「乗馬の楽しさを知ってもらおう」と72年に営業を開始。15年ほど前、お客さんの紹介で動物園からニホンザルのサリー(メス、18歳)がやってきた。それから2年間にキューピー(メス、16歳)、ハッピー(メス、14歳)も相次いで仲間入りし、乗馬センターで飼い始めた。

 ちょうどそのころ、テレビなどでサル回しの「日光猿軍団」が人気を集めていた。橋爪さんは「ひょっとしてサルも馬に乗れるかも」とおもしろ半分で乗馬に挑戦させた。

 最初は、馬もサルも互いに警戒していたが、橋爪さんがサリーを抱いて馬に乗ったり、うまやの近くでサルたちを生活させたりして、少しずつ慣れさせると、半年後には、サリーが一匹で馬に乗れるようになった。

 「最初は怖がっていて、何度も馬から振り落とされていた」と橋爪さん。

 キューピーとハッピーも同じように特訓。競馬で騎手が着る「勝負服」も手作りし、「女性ジョッキー」を演出した。
続きを読む >>
| 文化 | 13:45 | - | - | pookmark |
勇壮に「裸まいり」 無病息災願い会津の虚空蔵尊
2008年01月08日 朝日新聞

天井のはりを目指して大縄をのぼる下帯姿の男たち=7日午後8時40分、福島県柳津町で 厳寒の中、下帯姿の男たちが先を争って縄をよじ登る会津の奇祭「七日堂裸まいり」が7日夜、福島県柳津町の福満虚空蔵尊(ふくまんこくぞうそん)「円蔵寺」であった。午後8時半の一番鐘をきっかけに、町中から男たちが飛び出し、113段の石段を駆け上る。本堂の天井を目指し、「わっしょい、わっしょい」の掛け声で次々と麻縄にしがみつく男たちで堂内は熱気にあふれ、祭りは最高潮に達した。

 宝玉を奪おうとする只見川の竜神を、村人が団結して騒ぎ、追い払ったという伝説に由来し、約1100年の伝統がある。無病息災や祈願成就を招くとされ、「受験合格」などの願いごとが書かれた裸の背中のぶつかり合いを、観光客は息をのんで見守った。

| 文化 | 13:44 | - | - | pookmark |
| 1/1PAGES |