CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
タオル帽子:がん治療副作用で悩むがん患者のために考案
2009年5月14日 毎日新聞

講習会でタオル帽子について説明する吉島美樹子さん=盛岡市内で2009年4月、山口圭一撮影 がん治療の副作用による脱毛で悩むがん患者のため、岩手ホスピスの会(盛岡市)事務局長の吉島美樹子さん(47)=青森県八戸市=が考案した「タオル帽子」が全国に広がっている。自身もがんと闘った経験を持つ吉島さんはこの1年余りで800人以上に型紙を送った。患者の家族や知人には「思いを伝えられるから」と手作りを勧めている。

 タオル帽子はタオルを型紙通りに切って縫い合わせるなどして作る。簡単なアイデアだが、抗がん剤の副作用で体温が上がり大量の汗が出るホットフラッシュの症状が出ても汗を吸いやすく、肌触りも市販の帽子より良い。

 考案のきっかけは、昨年3月に岩手県内の女性から受けた電話相談。末期の肺がんで自宅療養する70歳代の母が脱毛を気にしつつも高価なかつらが欲しいとは言いにくそうだ、という内容だった。

 吉島さんも30歳で悪性リンパ腫を患い、抗がん剤と放射線治療で毛が抜けた。タオルを頭に巻いたが、風呂上がりのようで外出をためらった記憶がある。相談を受け、タオルで帽子を作る手芸サークルの話を思い出し、「これならおしゃれができる」と型紙を作って女性に送った。会のホームページにも作り方を掲載し、講習会も開催。評判を呼び、連絡先を記入したノートは4冊目になった。

 直腸がんの治療を続ける北茨城市の看護師、佐藤聡美さん(47)も患者家族のブログでタオル帽子を知った。趣旨に共鳴し、今秋のがん患者のイベントで手作りのタオル帽子を販売、収益を日本対がん協会に寄付するつもりだ。「多くの患者さんに届いてほしい」と願う。

 問い合わせは岩手ホスピスの会(ホームページhttp://www.eins.rnac.ne.jp/〜hospice/)。【山口圭一】
| サイエンス | 13:03 | - | - | pookmark |
えっロケットの一部… 竹富町小浜島に漂着
2009年3月18日 琉球新報

小浜島に打ち上げられたロケットの一部分を見学する小浜小中学校の児童・生徒たち=17日、小浜島の北海岸 【小浜島=竹富】竹富町小浜島の北海岸に巨大な漂着物があるのを今月2日、島に住む住民が発見した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)へ照会したところ、今年1月に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられたH2Aロケットの部品と判明し、17日、ロケットの技術部分を担う三菱重工の担当者らが来島して部品を回収した。一部分は小浜小中学校に贈呈される。
 漂着物は長さ約7メートル、幅4メートルの曲面の板状で断面はもぎ取られたようになっている。三菱重工によると、衛星を保護していた円錐(えんすい)形のカバーの一部で、ロケット発射後に切り離された。アルミ合金で危険性はない。
 発見した「マリンガイド花サンゴ」の長濱浩代表(44)はロケットの部品だと分かり「漂着ごみが多いけど、宇宙のごみまで来るなんて」と驚いた様子。八重山諸島の離島航路の船長は「こんな大きな破片が船にぶつかったら怖い」と話していた。全校児童生徒で見学に来た小浜小中学校の生徒らは素材の軽さに不思議そうな表情だった。

※注:長濱浩代表の「濱」は、右側がウカンムリに「眉」の目が「貝」
| サイエンス | 13:07 | - | - | pookmark |
「双子」のブラックホールか=銀河の合体で誕生−米天文台
2009年3月5日 時事通信

ブラックホール 2つの巨大ブラックホールがお互いに回り合っているとみられる様子を、米国立光学天文台(NOAO)の研究チームが観測し、5日付の英科学誌ネイチャーに発表した。大規模な銀河の中心にはブラックホールがあり、銀河同士が衝突・合体すると「双子」のブラックホールが誕生すると考えられてきたが、実際に双子である可能性が高い天体が見つかったのは珍しい。(2009/03/05-10:45)
| サイエンス | 13:05 | - | - | pookmark |
義手で演奏、名曲の調べ 筋肉の電流検知し、動作
2007年12月28日 朝日新聞

「筋電義手」を右腕にはめて、バイオリンを演奏する大久保美来さん(左)と青石奈那香さん=27日午後、神戸市西区で 兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所(神戸市西区)で27日、生まれつき右腕の一部がない小学生の女の子2人が、モーター付きの特殊な義手をつけ、バイオリン演奏を披露した。同研究所では02年から、子どもを対象に、この義手の普及を進めており、楽器の演奏は珍しいという。

 演奏したのは青石奈那香(ななか)さん(9)=兵庫県姫路市=と大久保美来(みく)さん(7)=千葉県習志野市。2人がつけたのは、筋肉のかすかな電流をセンサーで検知して3本の指が閉じたり開いたりする「筋電義手」。

 奈那香さんは、5年ほど前から義手を使い始めた。幼い頃に母の佐知子さん(36)が歌ってくれた童謡に出てくるバイオリンを弾くリスが好きだった。

 美来さんは1歳の誕生日に、祖母の初美さん(65)からバイオリンをプレゼントされた。「いつか弾けるようになるはず」との初美さんの願いからだった。4年ほど前から義手をつけ始めた。

 2人はこの日、職員らと計6人で、ビバルディの「協奏曲イ短調」など3曲を演奏。関係者らから拍手がわき、「アンコール」の声があがった。

 美来さんの父の真(しん)さん(39)は「バイオリンをもらったときは、奇跡でも起こらないと無理だと思った。でも、現実に弾いているんです」と目を細めた。

 問い合わせは、同研究所(078・925・9283)へ。

| サイエンス | 10:39 | - | - | pookmark |
京大iPS細胞が2位 米科学誌、今年の進歩ベスト10
2007年12月21日 朝日新聞

 米科学誌サイエンスは21日号で2007年の科学進歩ベスト10を発表し、ヒトの遺伝的多様性の解明の進展がトップ、京都大の山中伸弥教授らと米ウィスコンシン大チームによるヒト人工多能性幹(iPS)細胞の作成が2位に選ばれた。

 iPS細胞は、皮膚細胞に遺伝子を導入するだけで受精卵(胚=はい)から作る胚性幹(ES)細胞並みに多様な細胞への分化能力が生じる。このため生命倫理問題がなく、再生医療実現に向けて「科学、政治の両面でブレークスルー(難関の突破)」と評価された。

 遺伝的多様性については、日米英中とカナダの研究機関が作成した「ハプロタイプ地図」などで遺伝子の個人差の解明が進み、2型糖尿病など多数の疾患関連遺伝子が判明。また、技術の進歩で特定の個人の全遺伝情報(ゲノム)が速く、安く解読できるようになった。

 08年に注目されるのは、欧州合同原子核研究所(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の実験開始や、人工細菌の作成、ヒトの胃や皮膚、口の細菌集団の解明などという。

 3位以下は次の通り。

 (3)宇宙線の起源は活動銀河核と判明(4)医薬品開発に役立つ「Gたんぱく質共役受容体」の構造解明(5)シリコンを超える半導体新素材開発(6)コンピューターへの応用が期待される「量子スピンホール効果」確認(7)ワクチン改良に役立つT細胞分裂の詳細解明(8)医薬品化合物の低コスト合成法開発(9)脳の海馬が記憶や想像に果たす役割解明(10)「チェッカー」ゲーム解明。(時事)
| サイエンス | 10:59 | - | - | pookmark |
| 1/1PAGES |