CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
イチロー、弾丸2ラン含む2安打!5戦マルチ
2009年8月20日 サンケイスポーツ

タイガース戦の5回、右越えに2点本塁打を放つマリナーズのイチロー=コメリカ・パーク(共同) 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は19日(日本時間20日)、デトロイトでのタイガース戦に「1番・右翼」で先発出場し、本塁打含む2安打でメ ジャー通算2000安打まで「14」、史上初の9年連続200安打まで「19」とした。試合は3−1でマリナーズが勝利。

 イチローは五回の第3打席で、リーグを代表するタイガース先発右腕のバーランダーから、ライトスタンドへ今季第8号となる2点本塁打を放った。さらに八回の第4打席では自慢の俊足を生かし内野安打を放った。

 打撃内容は空振り三振、左飛、右越え本塁打、遊撃内野安打で4打数2安打2打点。打率を.366とした。

 城島健司捕手は「7番・捕手」で先発出場し、三回の第1打席で左前打を放った。打撃内容は左前打、三ゴロ、四球、三邪飛で3打数1安打。打率は.250になった。


| スポーツ | 12:58 | - | - | pookmark |
世界ノルディック・喜ぶ日本チーム
2009年2月27日 時事通信

世界ノルディック・喜ぶ日本チームノルディックスキー世界選手権の複合団体で優勝し、金メダルを手に喜ぶ左から小林範仁、渡部暁斗、加藤大平、湊祐介。メダル争いを続けた終盤、最終走者の小林が接戦を制し、鮮やかに逆転した(26日、チェコ) 【AFP=時事】
| スポーツ | 12:48 | - | - | pookmark |
遼クン、最年少17歳理事になっちゃった
2009年1月6日 サンケイスポーツ

史上最年少理事に就任した遼クンは緊張気味(撮影・今井正人) 史上最年少理事誕生! ジャパンゴルフツアー選手会は5日、都内で理事会を開き、プロ2年目の石川遼(17)=パナソニック=が、09年度の理事に正式決定した。任期は1年で、年5回の理事会出席やゴルフ普及活動などを務める。会長には2年連続で宮本勝昌(36)が選出された。副会長には8名が選出。

 背筋が伸び、口元は引き締まる。正式に『高校生理事』が誕生した。

 「わからないことだらけです。すべて勉強と思って頑張りたい。ワクワクしているけど、大丈夫かなという気持ちもあります」

 遼クンは戸惑いながらも、しっかりと就任あいさつ。これまでの最年少理事記録、05年度の宮里優作(24歳)を大幅に更新した。
続きを読む >>
| スポーツ | 12:22 | - | - | pookmark |
日本プロスポーツ大賞:石川遼が最年少受賞
2008年12月25日 毎日新聞

日本プロスポーツ大賞に選出された石川遼=Kochi黒潮CCで2008年11月30日、小川昌宏撮影 日本プロスポーツ協会は24日、08年度の第41回内閣総理大臣杯日本プロスポーツ大賞に、男子ゴルフの石川遼を選出したと発表した。石川はプロ転向1年目の今季、プロとしてツアー初優勝を挙げたほか、史上最年少の17歳2カ月で年間獲得賞金1億円を突破。プロスポーツ大賞も、史上最年少での受賞となった。

 殊勲賞は、プロ野球日本シリーズを制した西武と、21勝をマークしてパ・リーグの投手部門3冠に輝いた楽天の岩隈久志投手、大相撲の横綱白鵬が選ばれた。最高新人賞は、新人騎手の年間最多勝記録を大幅に更新した中央競馬の三浦皇成(こうせい)騎手が獲得した。

 また、今季限りでプロ野球ソフトバンクの監督を退任した王貞治氏と西武の渡辺久信監督、サッカーのアジア・チャンピオンズリーグを制したJリーグのガ大阪、現役復帰して16年ぶりに全日本選手権のシングルスを制した女子テニスのクルム伊達公子(エステティックTBC)が、特別賞に決まった。

 表彰式は25日、東京都内のホテルで行われる。
| スポーツ | 12:18 | - | - | pookmark |
コスト削減の動き、WRC界にも広がる
2008年12月16日F1-Gate.com

wrcホンダがF1撤退を発表し、コスト削減の動きが高まっているF1界だが、自動車業界の世界的な景気後退はWRC界にも影響を与えている。

15日(月)、スズキが2009年以降のWRC参戦の中止を発表。また、富士重工業もWRCの参戦を取りやめる検討に入った。

スズキは、「景気は1〜2年で上向く状況にない。各事業の見直しを進めた結果」とWRC撤退の理由を説明。

スズキでWRCに関わっていた技術者は、ホンダの場合同様、環境時術や次世代パワーユニットの開発などに集中させ、将来のWRC復帰の可能性についても「白紙」としている。

また、富士重工業も「休止を含めた検討をしており年末までに決定する」とコメント。富士重工表がWRCから撤退すれば、WRCに参戦する日本メーカーは消滅することとなる。

WRC(世界ラリー選手権)は、フォードやシトロエンなどの自動車メーカーが参加するF1に次ぐ人気を誇る自動車レース。スズキは、今年初めて参戦し、全6チーム中5位。90年から参戦している富士重は3位だった。
| スポーツ | 12:35 | - | - | pookmark |
テニス伊達さん、復帰表明 元第一人者が12年ぶり
2008年4月7日 産経新聞

12年ぶりに女子テニスへの現役復帰を表明した伊達公子さん=7日午後、東京都西東京市 女子テニスで日本の第一人者だった伊達公子さん(37)が7日、東京都西東京市の早稲田大東伏見キャンパスで記者会見し、1996年の引退表明から12年ぶりの現役復帰を表明した。

 ツアー通算7勝を挙げた伊達さんは、95年に世界ランキングで現在も日本勢最高の4位になった。4大大会では全豪、全仏、ウィンブルドンでベスト4入りした。

 引退後は、子供らにテニスの楽しさを伝える活動などを続けた。今年3月には、元世界女王のシュテフィ・グラフさん(ドイツ)らと東京でエキシビションマッチを行った。

| スポーツ | 14:25 | - | - | pookmark |
マー君 新人王を盾に“銭闘”宣言!
デイリースポーツ

ゴールデンルーキー賞を受賞し、パ・リーグ小池会長と握手をする楽天・田中 楽天の田中将大投手(19)が12日、球団に“銭戦布告”した。都内のホテルで行われたゴールデン・ルーキー賞の表彰式に出席した田中は、13日にプロ初の契約更改交渉に臨む。チームトップの11勝を挙げたことや観客動員への貢献度などを交渉材料に、今季年俸1500万円から4倍増の6000万円を目指して徹底抗戦する構えだ。

 初の契約更改交渉を翌日に控え、マー君が“銭闘宣言”だ。ゴールデン・ルーキー賞の表彰式前、交渉について「思ったことはどんどん言いますよ。自分は命懸けでやってるんで、気持ちよく(はんを)押したいですから」と言い切った。
続きを読む >>
| スポーツ | 12:04 | - | - | pookmark |
| 1/1PAGES |